性ホルモン

ワキガと性ホルモンの関係

まだ研究段階ではありますが、ワキガと性ホルモンは密接に関係していることが、専門家からも指摘されています。ワキガの原因は過度に発達したアポクリン腺から分泌される分泌液ですが、実は生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚には、赤ちゃん特有のアポクリン腺がたくさんあります。けれどワキガ臭のする赤ちゃんなんていませんよね。むしろずっと嗅いでいたいような良い香りがします。

成長や妊娠・出産などで発生するワキガ

成長してからワキガ臭を放つ方も、幼児期には特に体臭が強いとは限りません。異臭という病状が発生するのは、女性なら初潮を迎えるぐらいの時期で、男女とも思春期頃から体臭がきつくなっていくようです。 赤ちゃんの頃全身に存在するアポクリン腺は成長に伴って徐々に消滅し、腋臭症の方だけ成長期と平行して皮脂腺とアポクリン腺が過剰に発達し、働きも活発化します。 また、普段ワキガとは縁のない女性も、妊娠や出産、あるいは月経周期によって一時的にワキガ臭が発生することがあります。特に生理直前や排卵期にワキガ臭がきつくなる女性は少なくありません。 このようなことから、ワキガと性ホルモンの強い関係が疑われています。 ちなみに、一時的にワキガ臭を発生していた女性も、閉経して更年期を経るうちに、臭いは発生しなくなるようです。

女の子の産み分けならピンクゼリー