遺伝と人種

子供への遺伝率は80%

ワキガは遺伝的要素の強い病気ですから、同じ人間でも人種によってワキガの発生率には差があります。 例えば両親が腋臭症の場合、子供への遺伝率は80%だそうです。かなり高確率ですよね。 よく強烈な異臭を放っているのに自覚していないワキガの方がいらっしゃいますが、遺伝的要素が強い為気付けないでいるようです。嗅覚は慣れると反応しなくなりますから、幼い頃から両親、もしくは母親か父親の異臭を嗅ぎ続けていると、それを異臭だとは感じにくくなるようです。ワキガではなくても、人は自分の体臭に無自覚であることが多いですよね。

日本人のワキガ発生率

幸い、日本人はワキガの発生率が低い人種で、腋臭症を患う日本人は全体の10~20%程度に留まっています。日本人よりもっとワキガ発生率が低いのはモンゴロイドで、中国人のワキガ発生率は3%程度だと報告されています。

欧米人の80%はワキガ

また、欧米人はワキガの発生率が高い人種で、80%の確率でワキガが発生するそうです。人種ごとに皮膚のメラニン色素も異なりますから肌の色も違いますし、アポクリン腺の発達レベルにも差があります。また、ワキガと断定できなくても一般的に欧米人は体臭がきつい、と言われます。これは単なる人種による身体のつくりの違いだけではなく、食生活の影響も強く受けているみたいです。